予想問題「簿記ナビ模試」

簿記3級 予想問題「簿記ナビ模試①」 第2問の詳細解説

第2問の概要・おすすめ対策法

簿記3級の第2問は(1)(2)の大問2つで構成されていて、(1)では勘定記入や帳簿記入、(2)では補助簿の選択や伝票会計、語群選択などの問題が出題されます。

配点は(1)(2)をあわせて20点です。各論点の出題パターンはある程度決まっているため、基本レベルの問題を使った反復練習が最も効果的です。

第2問の(1)は、解答に時間がかかる割に配点が少ないので一番最後に解きましょう。簿記3級のおすすめ解答順序は「第1問→第2問(2)→第3問→第2問(1)」です。

各問題の難度・解答時間の目安

現在、無料で配布している「簿記ナビ模試(簿記3級)」の各問題の難度・解答時間の目安は以下のとおりです。

1回目は解答時間を気にせずにすべての問題を解いてください。点数も気にする必要はありませんが、解きっぱなしにせず間違えたところはテキストに戻ってしっかり復習しましょう。

2回目以降は各問題の難度・解答時間の目安を頭に入れたうえで、本試験を意識して「時間配分」や「解答順序」などに気を配りながら解いてみましょう。

準備 第1問 第2問 第3問 見直し
難度 簡単 普通 普通
時間 2分 20分 15分 20分 3分

第2問の詳細解説

(1) 勘定記入

(1)の貸付金の利息にかかる勘定記入の問題は、前期の取引・当期の取引の仕訳を考えたうえで、問題資料の2つの勘定に入る適切な勘定科目・金額を解答しましょう。

2つの勘定(記入前)

前期の取引

12月1日の仕訳
(借)貸付金 3,000,000
 (貸)受取利息 120,000
 (貸)当座預金 2,880,000 ※1

※1 3,000,000円-120,000円=2,880,000円(貸借差額)

貸付時の仕訳です。問題文の「1年分の利息 ¥ 120,000 を差し引いた残額を…」から、貸付時に1年分の利息を受け取ったことが分かります。

3月31日の仕訳
(借)受取利息 80,000 ※2
 (貸)前受利息 80,000

※2 120,000円×8か月/12か月=80,000円

 貸付時に受け取った1年分の利息のうち、当期にかかるのは4か月分(12月1日~3月31日)だけで、残りの8か月分(4月1日~11月30日)は翌期にかかる分なので、8か月分の金額を計算して受取利息から前受利息に振り替えます。

当期の取引

4月1日の仕訳
(借)前受利息 80,000
 (貸)受取利息 80,000

再振替仕訳は、前期末の仕訳の逆仕訳になります。勘定科目をひっくり返すだけです。

10月1日の仕訳
(借)貸付金 2,000,000
 (貸)受取利息 60,000
 (貸)現金 1,940,000 ※3

※3 2,000,000円-60,000円=1,940,000円(貸借差額)

貸付時の仕訳です。問題文の「9か月分の利息 ¥ 60,000 を差し引いた残額を…」から、貸付時に9か月分の利息を受け取ったことが分かります。

11月30日の仕訳
(借)普通預金 3,000,000
 (貸)貸付金 3,000,000

貸付時に利息の全額を受け取っているので、回収時は元本の処理だけになります。

3月31日の仕訳
(借)受取利息 20,000 ※4
 (貸)前受利息 20,000

※4 60,000円×3か月/9か月=20,000円

貸付時に受け取った9か月分の利息のうち、当期にかかるのは6か月分(10月1日~3月31日)だけで、残りの3か月分(4月1日~6月30日)は翌期にかかる分なので、3か月分の金額を計算して受取利息から前受利息に振り替えます。

なお、貸付時に受け取った利息は9か月分です。うっかり1年分で計算しないように気をつけましょう。

2つの勘定(記入後)

参考問題

本問は貸付時に利息の全額を受け取っていますが、貸付時ではなく元本回収時に受け取るケースもあります。参考までに仕訳をご紹介しますので、余裕のある方は両者の違いをご確認ください。

参考:前期の12月1日の仕訳
(借)貸付金 3,000,000
 (貸)当座預金 3,000,000
参考:前期の3月31日の仕訳
(借)未収利息 40,000 ※5
 (貸)受取利息 40,000

※5 120,000円×4か月/12か月=40,000円

決算において、4か月分(12月1日~3月31日)の利息を未収計上します。

参考:当期の4月1日の仕訳
(借)受取利息 40,000
 (貸)未収利息 40,00
参考:当期の10月1日の仕訳
(借)貸付金 2,000,000
 (貸)現金 2,000,000
参考:当期の11月30日の仕訳
(借)普通預金 3,120,000
 (貸)貸付金 3,000,000
 (貸)受取利息 120,000

元本とともに1年分の利息を受け取ります。

参考:当期の3月31日の仕訳
(借)未収利息 40,000 ※6
 (貸)受取利息 40,000

※6 60,000円×6か月/9か月=40,000円

決算において、6か月分(10月1日~3月31日)の利息を未収計上します。

(2) 語群選択

(2)の帳簿組織に関する問題は、語群選択だけでなく補助簿の選択もよく問われます。間違えてしまった方はテキストに戻って復習しておきましょう。

帳簿の種類と分類
  • 主要簿(必ず作成しなければならない帳簿)
    • 仕訳帳
    • 総勘定元帳
  • 補助簿(必要に応じて作成する帳簿)
    • 補助元帳(特定の勘定について項目別に記録する帳簿)
      • 商品有高帳
      • 得意先元帳(売掛金元帳)
      • 仕入先元帳(買掛金元帳)
      • 固定資産台帳
    • 補助記入帳(特定の取引の明細を記録する帳簿)
      • 現金出納帳
      • 当座預金出納帳
      • 小口現金出納帳
      • 仕入帳
      • 売上帳
      • 受取手形記入帳
      • 支払手形記入帳

必ず作成しなければならない( 仕入帳 )と( 総勘定元帳 )は主要簿と呼ばれます。

一方、必要に応じて作成される( 補助元帳 )と( 補助記入帳 )は補助簿と呼ばれます。( 補助元帳 )は特定の勘定について項目別に記録する帳簿で、商品有高帳や( 固定資産台帳 )などがあり、( 補助記入帳 )は特定の取引の明細を記録する帳簿で、小口現金出納帳や仕入帳などがあります。

サイトリニューアル前に問題・解答のPDFをダウンロードされた方へ

先日、日本商工会議所が「2021年度の簿記検定試験に適用する出題区分表」を発表しました。

その中で「売上諸掛りの得意先負担の処理」を2021年度の試験で出題しないことが明記されましたので、サイトリニューアルに合わせて語群選択の問題・解答の内容を変更いたしました。

サイトリニューアル前に問題・解答のPDFをダウンロードされた方は、以下の解説をご確認ください。

(2)の諸掛り関する語群選択の問題は、仕入諸掛り・売上諸掛りの処理方法が問われています。第2問だけでなく第1問で出題される可能性も高い論点なので、間違えてしまった方はテキストに戻って復習しておきましょう。

諸掛りのポイント
  • 仕入時の諸掛り
    • 当社負担:仕入原価に含めて処理
    • 仕入先負担:立替金で処理or買掛金から差し引いて処理
  • 売上時の諸掛り
    • 当社負担:発送費などで費用処理
    • 得意先負担:立替金で処理or売掛金に含めて処理

仕入諸掛り

商品を仕入れたさいに発生する費用を仕入諸掛りといい、当社が負担すべき諸掛りを支払った場合は( 仕入 )に含めて処理し、仕入先が負担すべき諸掛りを立て替えて支払った場合は( 立替金 )を計上して処理するか、( 買掛金 )から差し引いて処理する。

売上諸掛り

商品を売り上げたさいに発生する費用を売上諸掛りといい、当社が負担すべき諸掛りを支払った場合は( 発送費 )などで処理し、得意先が負担すべき諸掛りを立て替えて支払った場合は( 立替金 )を計上して処理するか、( 売掛金 )に含めて処理する。

教材の割引キャンペーン情報

資格の学校TACの直販サイト「CyberBookStore」では、TAC出版の簿記3級の教材を割引価格(定価の10%~15%オフ)&冊数に関係なく送料無料で購入することができます。

基本教材をまとめて15%オフ&送料無料で買うもよし、予想問題集を1冊だけ10%オフ&送料無料で買うもよし。簿記3級の教材をお得に買いたい方は要チェックです!

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。