仕訳対策教材「重要仕訳TOP100」

簿記2級 重要仕訳TOP100「仕入取引(売上原価対立法)」

仕訳問題

難度:高・中・

重要度:A・B

東野商店から商品 ¥ 300,000 を仕入れ、代金は掛けとした。なお、商品の引取運賃 ¥ 2,000 は現金で支払った。商品売買については、商品を仕入れたときに商品勘定に記入し、販売したときにそのつど売上原価を売上原価勘定に振り替える方法で記帳している。

勘定科目は次の中から最も適当なものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 売掛金
商品 買掛金 前受金 未払金
売上 仕入 売上原価 支払運賃

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
商品 302,000 ※1 買掛金 300,000
現金 2,000

※1 300,000円+2,000円=302,000円(貸借差額)

解説

仕入取引(売上原価対立法)に関する問題です。

本問は、取引を掛けによる仕入取引」と「引取運賃に関する取引」の2つに分けて考えましょう。

掛けによる仕入取引

問題文の「商品を仕入れたときに商品勘定に記入し、販売したときにそのつど売上原価を売上原価勘定に振り替える方法で記帳している」から、売上原価対立法を採用していることが分かるので、商品代金300,000円を仕入ではなく商品で処理します。

仕入時の借方の勘定科目
  • 三分法:仕入
  • 売上原価対立法:商品
解答①:掛けによる仕入取引
(借)商品 300,000
 (貸)買掛金 300,000

引取運賃に関する取引

商品の配送費用や引取運賃など、商品を仕入れるさいに発生する費用(付随費用)を仕入諸掛りといいます。

本問のように、仕入諸掛りを当社・仕入先のどちらが負担するのか明確な指示がない場合は、当社が負担すると考えて仕入原価に含めて処理します。

仕入諸掛り
  • 当社負担:仕入原価に含めて処理
  • 仕入先負担:立替金で処理or買掛金から差し引いて処理
売上諸掛り
  • 当社負担:発送費などで費用処理
解答②:引取運賃に関する取引
(借)商品 2,000
 (貸)現金 2,000

まとめ

以上、①②の仕訳をまとめると解答仕訳になります。

田口先生1
田口先生
売上原価対立法による場合の売上時の仕訳は、売上取引(売上原価対立法)で出題しています。本問とあわせてご確認ください。

重要仕訳TOP100 全問リスト

1.商品売買(全11問)
2.債権・債務(全12問)
3.外貨建取引(全4問)
4.有価証券(全9問)
5.固定資産(全22問)
7.社会保険・税金(全8問)
8.純資産(全10問)
9.本支店会計(全3問)
10.その他(全5問)
11.工業簿記(全10問)
教材の割引キャンペーン情報

資格の学校TACの直販サイト「CyberBookStore」では、TAC出版の簿記2級の教材を割引価格(定価の10%~15%オフ)&冊数に関係なく送料無料で購入することができます。

基本教材をまとめて15%オフ&送料無料で買うもよし、予想問題集を1冊だけ10%オフ&送料無料で買うもよし。簿記2級の教材をお得に買いたい方は要チェックです!

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。