仕訳対策教材「重要仕訳TOP100」

簿記2級 重要仕訳TOP100「本支店会計(支店分散計算制度)」

仕訳問題

難度:高・中・

重要度:A・B

遠藤ロドリゴ株式会社の長崎支店は、東京支店から「商品券 ¥ 50,000 および収入印紙 ¥ 10,000 を送付した」との報告を受けたので適切に処理した。なお、同社は支店分散計算制度を採用している。

勘定科目は次の中から最も適当なものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 仮払金
買掛金 未払金 受取商品券 通信費
租税公課 本店 長崎支店 東京支店

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
受取商品券 50,000 東京支店 60,000 ※1
租税公課 10,000

※1 50,000円+10,000円=60,000円(貸借差額)

解説

本支店会計(支店独立会計制度)に関する問題です。

本支店会計の支店間取引は「本店集中計算制度」と「支店分散計算制度」の2つがあり、採用している制度により本店・支店の仕訳が異なります。

2つの計算制度
  • 本店集中計算制度:支店間取引を各支店が記帳する場合に、いったん本店を経由して取引されたとみなして記帳する制度です。各支店は本店勘定のみを設定し、本店は各支店の勘定を設定します。
  • 支店分散計算制度:支店間取引を各支店が記帳する場合に、本店を経由することなく、取引の事実に従って記帳する制度です。各支店は本店勘定だけでなく取引のある各支店の勘定を設定し、本店は各支店の勘定を設定します。

本問は、問題文に「同社は支店分散計算制度を採用している」とあるので、各支店が支店間取引を記帳する場合は、本店を経由することなく取引の事実に従って処理します。

なお、商品券は受取商品券で、収入印紙は租税公課で処理しましょう。

解答:長崎支店の仕訳
(借)受取商品券 50,000
(借)租税公課 10,000
 (貸)東京支店 60,000
参考:東京支店の仕訳
(借)長崎支店 60,000
 (貸)受取商品券 50,000
 (貸)租税公課 10,000
参考:本店の仕訳
仕訳なし

参考:本店集中計算制度を採用していた場合の仕訳

各支店が支店間取引を記帳する場合は、いったん本店を経由して取引されたとみなして処理します。参考までに仕訳をご確認ください。

参考:長崎支店の仕訳
(借)受取商品券 50,000
(借)租税公課 10,000
 (貸)本店 60,000
参考:東京支店の仕訳
(借)本店 60,000
 (貸)受取商品券 50,000
 (貸)租税公課 10,000
参考:本店の仕訳
(借)長崎支店 60,000
 (貸)受取商品券 50,000
 (貸)租税公課 10,000
(借)受取商品券 50,000
(借)租税公課 10,000
 (貸)東京支店 60,000
田口先生1
田口先生
本店集中計算制度による場合の仕訳は、本支店会計(本店集中計算制度)で出題しています。本問とあわせてご確認ください。

重要仕訳TOP100 全問リスト

1.商品売買(全11問)
2.債権・債務(全12問)
3.外貨建取引(全4問)
4.有価証券(全9問)
5.固定資産(全22問)
7.社会保険・税金(全8問)
8.純資産(全10問)
9.本支店会計(全3問)
10.その他(全5問)
11.工業簿記(全10問)
教材の割引キャンペーン情報

資格の学校TACの直販サイト「CyberBookStore」では、TAC出版の簿記2級の教材を割引価格(定価の10%~15%オフ)&冊数に関係なく送料無料で購入することができます。

基本教材をまとめて15%オフ&送料無料で買うもよし、予想問題集を1冊だけ10%オフ&送料無料で買うもよし。簿記2級の教材をお得に買いたい方は要チェックです!

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。