仕訳対策教材「重要仕訳TOP100」

簿記2級 重要仕訳TOP100「利益処分(利益剰余金と資本剰余金)」

仕訳問題

難度:・中・低

重要度:A・B

定時株主総会において、剰余金の配当が以下のとおり承認された。

  • その他資本剰余金 ¥ 400,000 および繰越利益剰余金 ¥ 1,200,000 を財源として配当を行う。
  • 上記の配当に関連して、会社法が定める金額を準備金として積み立てる。

なお、株主総会時点の同社の資本金は ¥ 10,000,000、資本準備金は ¥ 1,800,000、利益準備金は ¥ 600,000 であった。

勘定科目は次の中から最も適当なものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 未払配当金
資本金 資本準備金 利益準備金 修繕積立金
新築積立金 繰越利益剰余金 その他資本剰余金 受取配当金

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
その他資本剰余金 425,000 ※4 未払配当金 1,600,000 ※1
繰越利益剰余金 1,275,000 ※5 資本準備金 25,000 ※2
利益準備金 75,000 ※3

※1 400,000円+1,200,000円=1,600,000円
※2 100,000円×400,000円/1,600,000円=25,000円
※3 100,000円×1,200,000円/1,600,000円=75,000円
※4 400,000円+25,000円=425,000円
※5 1,200,000円+75,000円=1,275,000円

解説

利益処分(利益剰余金と資本剰余金)に関する問題です。

本問はまず、問題文の「その他資本剰余金 ¥ 400,000 および繰越利益剰余金 ¥ 1,200,000 の配当を行う」から、その他資本剰余金と繰越利益剰余金の一部を配当することが分かります。

配当にあたっては、会社法の規定(第445条の4項など)に従って一定額を準備金として積み立てる必要があります。

準備金積立額に関する2つの規定
  • 原則として配当額の10分の1を準備金として積み立てなければならない(10分の1規定)
  • ただし、資本準備金と利益準備金の合計額が資本金の4分の1に達した場合は、それ以上積み立てる必要はない(4分の1規定)

よって、「配当額の10分の1(10分の1規定の金額)」または「資本金の4分の1から資本準備金と利益準備金の合計額を差し引いた残額(4分の1規定の金額)」のうち、どちらか小さいほうの金額だけ準備金を積み立てることになります。

準備金要積立額の計算
  1. 配当額:400,000円+1,200,000円=1,600,000円
  2. 10分の1規定の金額:1,600,000円÷10=160,000円
  3. 4分の1規定の金額:10,000,000円÷4-(1,800,000円+600,000円)=100,000円
  4. 準備金要積立額:160,000円>100,000円 → 100,000円

なお、配当にあたって積み立てる準備金は「配当の原資」によって異なります。

本問は、その他資本剰余金と繰越利益剰余金を配当の原資としているので、配当割合に応じて資本準備金利益準備金を積み立てます。

準備金の判定基準
  • 配当の原資が繰越利益剰余金:利益準備金を積み立てる
  • 配当の原資がその他資本剰余金:資本準備金を積み立てる
  • 配当の原資が繰越利益剰余金とその他資本剰余金:利益準備金と資本準備金を積み立てる
準備金積立額の計算
  1. 資本準備金の積立額=100,000円×400,000円/1,600,000円=25,000円
  2. 利益準備金の積立額=100,000円×1,200,000円/1,600,000円=75,000円
解答:配当承認時の仕訳
(借)その他資本剰余金 425,000
(借)繰越利益剰余金 1,275,000
 (貸)未払配当金 1,600,000
 (貸)資本準備金 25,000
 (貸)利益準備金 75,000
田口先生1
田口先生
本問のように、その他資本剰余金と繰越利益剰余金を配当の原資とする場合は、準備金要積立額を配当割合に応じて資本準備金と利益準備金に按分するのがポイントです。

よくいただくご質問

ナーくん8
ナーくん
問題文に「その他資本剰余金 ¥ 400,000 および繰越利益剰余金 ¥ 1,200,000 を財源として配当を行う」と書いてありますが、解答仕訳ではその他資本剰余金が425,000円、繰越利益剰余金が1,275,000円減少しています。
減少額が財源を超えてしまっていますが大丈夫ですか?サバンナでも生きていけますか?
田口先生1
田口先生
借方のその他資本剰余金・繰越利益剰余金の金額は、「実際に社外に流出する配当額(=財源の金額)」と「会社内部で積み立てられる準備金積立額」の合計額だよね。
借方の金額そのものが配当されるわけではないから、財源の金額を超えていてもなにも問題はないよ。サバンナでもきっと生きていけるよ(適当)。

重要仕訳TOP100 全問リスト

1.商品売買(全11問)
2.債権・債務(全12問)
3.外貨建取引(全4問)
4.有価証券(全9問)
5.固定資産(全22問)
7.社会保険・税金(全8問)
8.純資産(全10問)
9.本支店会計(全3問)
10.その他(全5問)
11.工業簿記(全10問)
教材の割引キャンペーン情報

資格の学校TACの直販サイト「CyberBookStore」では、TAC出版の簿記2級の教材を割引価格(定価の10%~15%オフ)&冊数に関係なく送料無料で購入することができます。

基本教材をまとめて15%オフ&送料無料で買うもよし、予想問題集を1冊だけ10%オフ&送料無料で買うもよし。簿記2級の教材をお得に買いたい方は要チェックです!

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。