仕訳対策教材「重要仕訳TOP100」

簿記2級 重要仕訳TOP100「固定資産の買換え」

仕訳問題

難度:・中・低

重要度:A・B

当期首(×3年4月1日)において、×1年10月1日に購入したデスクトップ型パソコン(取得原価 ¥ 320,000、残存価額:ゼロ、耐用年数:4年、償却方法:200%定率法、記帳方法:間接法)を、新しいノートブック型パソコンに買い換えた。ノートブック型パソコンの取得原価は ¥ 400,000、デスクトップ型パソコンの下取価額は ¥ 100,000 で、下取価額を差し引いた代金は翌月末に支払うことにした。なお、当社の決算日は3月末日(会計期間は1年)であり、デスクトップ型パソコンを購入した年度の減価償却費は月割りで計算すること。

勘定科目は次の中から最も適当なものを選びなさい。
現金 当座預金 普通預金 未収入金
貯蔵品 備品 備品減価償却累計額 未払金
固定資産売却益 減価償却費 消耗品費 固定資産売却損

解答仕訳

借方科目 金額 貸方科目 金額
備品 400,000 備品 320,000
備品減価償却累計額 200,000 ※1 未払金 300,000 ※3
固定資産売却損 20,000 ※2

※1 320,000円×50%×6か月/12か月+(320,000円-80,000円)×50%=200,000円
※2 320,000円-200,000円-100,000円=20,000円
※3 400,000円-100,000円=300,000円




解説

固定資産の買換えに関する問題です。

本問は、取引を「購入に関する取引」と「売却に関する取引」の2つに分けて考えましょう。

購入に関する取引

問題文の「当期首(×3年4月1日)において…新しいノートブック型パソコンに買い換えた」「ノートブック型パソコンの取得原価は ¥ 400,000」から、取得原価400,000円のノートブック型パソコンを購入したことが分かるので、借方に備品を計上します。

また、問題文の「下取価額を差し引いた代金は翌月末に支払うことにした」から、購入代金400,000円を後日支払うことが分かるので、貸方に未払金を計上します。

解答①:購入に関する仕訳
(借)備品 400,000
 (貸)未払金 400,000

売却に関する取引

間接法による場合の売却の仕訳は、以下の5ステップで考えると分かりやすいです。

  • ステップ1
    取得原価を貸方に計上する
  • ステップ2
    当期の減価償却費を計上する
  • ステップ3
    前期末の減価償却累計額を計算して借方に計上する
  • ステップ4
    売却代金を借方に計上する
  • ステップ5
    貸借差額を売却損益で処理する

ステップ1(取得原価を貸方に計上する)

問題文の「デスクトップ型パソコン」「取得原価 ¥ 320,000」から、取得原価320,000円のデスクトップ型パソコンを売却したことが分かるので、貸方に備品を計上します。

ステップ1:取得原価を貸方に計上する
 (貸)備品 320,000

ステップ2(当期の減価償却費を計上する)

問題文の「当期首(×3年4月1日)において」から、期首に売却したことが分かるので、当期の減価償却費はゼロです。そのままステップ3に進みましょう。

ステップ2:当期の減価償却費を計上する
 (貸)備品 320,000

ステップ3(前期末の減価償却累計額を計算して借方に計上する)

問題文の「×1年10月1日に購入したデスクトップ型パソコン」「償却方法:200%定率法」から、前期末までに計上した減価償却費(=減価償却累計額)を計算して、借方に備品減価償却累計額を計上します。

減価償却累計額の計算
  1. 償却率:1÷4年×200%=50%
  2. ×2年3月31日に計上した減価償却費:320,000円×50%×6か月/12か月=80,000円
  3. ×3年3月31日に計上した減価償却費:(320,000円-80,000円)×50%=120,000円
  4. 前期末までに計上した減価償却費:80,000円+120,000円=200,000円
ステップ3:前期末の減価償却累計額を計算して借方に計上する
(借)備品減価償却累計額 200,000
 (貸)備品 320,000

ステップ4(売却代金を借方に計上する)

問題文の「デスクトップ型パソコンの下取価額は ¥ 100,000 」から、売却代金が100,000円であることが分かります。

また、問題文の「下取価額を差し引いた代金は翌月末に支払うことにした」から、購入時に貸方に計上した未払金から売却代金を差し引くことが分かるので、借方に未払金を計上します。

ステップ4:売却代金を借方に計上する
(借)備品減価償却累計額 200,000
(借)未払金 100,000
 (貸)備品 320,000

ステップ5(貸借差額を売却損益で処理する)

最後に貸借差額を固定資産売却損で処理します。

固定資産売却損=320,000円-200,000円-100,000円=20,000円

解答②:売却に関する仕訳
(借)備品減価償却累計額 200,000
(借)未払金 100,000
(借)固定資産売却損 20,000
 (貸)備品 320,000

まとめ

以上、①②の仕訳をまとめると解答仕訳になります。

田口先生1
田口先生
借方と貸方の未払金は相殺しますが、借方の新備品400,000円(ノートブック型パソコン)と貸方の旧備品320,000円(デスクトップ型パソコン)は別のパソコンなので、相殺せずに両建てで処理しましょう。

管理人おすすめの仕訳問題集

究極の仕訳集 日商簿記2級
究極の仕訳集 日商簿記2級
2021年度の試験から仕訳問題の配点が増えた(20点→32点)ことにより、仕訳対策の重要性が更にアップしました。

スマホで仕訳対策をすることももちろん可能ですが、表示領域や通信料のことを考えると「紙の教材のほうがいい」という方も多いと思います。

そんな方には、TAC出版の仕訳問題集「究極の仕訳集 日商簿記2級」をおすすめします。

本書は「基本仕訳編」「本試験演習編」の2部で構成されていて、重要度に応じて「Aランク」「Bランク」に分類された仕訳問題が、商業簿記209問、工業簿記32問も収載されています。

書籍の大きさもコンパクトサイズ(縦が約18cm、横が約11cm)なので、小さいバッグなどにも入れやすくて持ち運びしやすいです。ちょっとした空き時間を有効活用したい方にもおすすめの1冊です。

重要仕訳TOP100 全問リスト

1.商品売買(全11問)
2.債権・債務(全12問)
3.外貨建取引(全4問)
4.有価証券(全9問)
5.固定資産(全22問)
7.社会保険・税金(全8問)
8.純資産(全10問)
9.本支店会計(全3問)
10.その他(全5問)
11.工業簿記(全10問)
簿記2級 重要仕訳TOP100
教材の割引キャンペーン情報

資格の学校TACの直販サイト「CyberBookStore」では、TAC出版の簿記2級の教材を割引価格(定価の10%~15%オフ)&冊数に関係なく送料無料で購入することができます。

基本教材をまとめて15%オフ&送料無料で買うもよし、予想問題集を1冊だけ10%オフ&送料無料で買うもよし。簿記2級の教材をお得に買いたい方は要チェックです!

ご質問・ご感想の投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。